naradeshika

みんなのクラウドファンディングプラットフォーム
■クラウドファンディング゙とは
クラウドファンディングとは、個人や企業が持つアイディアやプロジェクトを実現させるべく、インターネットサイトを通じて世の中に資金的な支援等を呼びかけ、呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です。
プロジェクトの提案者は、なぜそのプロジェクトを行いたいのか、どのようにプロジェクトを実行していくのか、プロジェクトを実行するのに資金はいくら必要なのかといった情報を、プロジェクトとしてクラウドファンディングサービス上に掲載します。
そして、支援者に対してリターンがある場合には、その旨その内容を掲載します。
一定期間の間にプロジェクトに共感した方々が資金的な支援を行い、その資金を活用してプロジェクトを実行します。

■クラウドファンディング゙の種類
クラウドファンディングには寄付型、購入型、投資型の3つの種類があります。投資型については金融商品取引法の規制もあるため徐々に拡大はしておりますが、日本においては現在「寄付型」「購入型」が広く普及しております。

①寄付型
寄付型クラウドファンディングは、プロジェクトの特徴としては地震による災害の復興支援や発展途上国への支援などにインターネットを通じて寄付を行う事が出来ますが、基本的にリターンがありません。この寄付型は寄付した後も活動報告等を通じて相手の顔を知る事ができ、自分のお金がどのように使われたのかが分かるという安心感や社会貢献への達成感を得られるというのが最大の特徴です。

②購入型
購入型クラウドファンディングは、プロジェクト起案者が計画する製品の製作やイベントの開催等に必要とされる資金をインターネットを通じて支援し、そのリターンとして製作された製品やイベントへの参加権等の権利を獲得する仕組みです。
個人や企業の新製品開発あるいは事前プロモーションを目的として実施されることが多く、素晴らしいアイデアやプロジェクトがあってもそれを実行する資金がなければ実現しませんので、支援者からの資金を活用してプロジェクトを具現化することを目的としております。

③投資型
投資型クラウドファンディングは、インターネットを通じて企業に資金を貸し付けたり、企業が発行する株式に投資する仕組みのクラウドファンディングです。投資型クラウドファンディングは金融商品取引法の規制下において実施されます。

■クラウドファンディングプラットフォーム「naradeshika」
クラウドファンディングプラットフォーム「naradeshika」は、「寄付型」「購入型」のクラウドファンディングサイトです。
また、naradeshikaは「実行確約型」とします。実行確約型とはプロジェクト掲載した起案者は、目標金額の達成の如何によらず、掲載時からプロジェクトを開始するものとします。
また、プロジェクトに対して支払手続を実施した支援者は、支援総額が目標金額に到達するか否かを問わず、その決済が行われるとともに、起案者は支援者に対してリターンを引き渡す義務を負います。